弁護士を依頼する際にかかる費用

弁護士が交通事故被害の示談交渉に介入するだけで賠償額の基準が変わり、最も高い賠償金を得ることができるため、問題解決のためには弁護士に早目に相談するのが賢い選択と言えます。しかし、気になるのは弁護士に支払う費用です。通常は1時間の法律相談で5,000円~10,000円の費用がかかることもあるため、躊躇してしまうことが多いのですが、交通事故の面談相談は何度でも無料で行っている法律事務所もあるようです。

正式に弁護士に依頼して示談交渉を進める際には、当然ながら弁護士費用が発生します。弁護士に案件を依頼する場合は、一般的に着手金と言われる固定報酬、報酬金と言われるいわば成功報酬のようなもの、手数料などといった弁護士報酬と、交通費や出張費、印紙代、その他の実費が必要になります。

法律事務所によって着手金や報酬金には幅がありますが、着手金0円~30万円程度、報奨金は賠償金額の10%~30%などと設定していることが多いようです。示談交渉で決着する場合と訴訟して裁判にまで発展する場合でも費用が変わってきます。予想される獲得金額が低すぎる場合には、着手金や報奨金を賄えない場合もあるので、相手方にいくら請求するのか、弁護士費用を全て差し引いて手元に残る賠償金額がいくらになるのかについて、事前の弁護士相談で明らかにしておくことが大切です。