弁護士費用特約の活用

任意で加入できる自動車保険には、交通事故で被害者になった場合に、弁護士費用を確保することができる「弁護士費用特約」制度を付帯させることが可能な場合もあります。相手方に100%過失がある場合、つまり「もらい事故」の場合の示談交渉には、被害者側の保険会社担当者が示談することができません。

弁護士に依頼しないと低い賠償金の支払いで終わってしまうため弁護士に依頼することが最善の選択となりますが、そのための弁護士費用を賄うために入る保険が弁護士費用特約なのです。弁護士費用特約は、弁護士や司法書士、行政書士への報酬や訴訟に要する費用を支払ってくれるもので、保険内容によって変わってくることもありますが、一般的には1事故1被保険者につき300万円を限度として支払われているようです

保険会社によっては、300万円の保険金に加えて「法律相談・種類作成費用」として10万円を別途支払う保険もセットにしている場合もあります。個人で相手方の保険会社と示談交渉して不利な条件で賠償金額が決定されることを考えれば、弁護士費用を賄えてなおかつ賠償金額が高くなるので魅力が大きいと言えるでしょう。この弁護士費用特約の保険料は年間でも2,000円程度と格安で、活用しても翌年の保険料の等級に影響もありません。なんとなく加入している自動車保険に弁護士費用特約が付帯されていながら、よく理解していないで、いざという時に活用しないということにならないよう、今一度、保険内容を確認してみることが大切です。